”目から鱗”の美肌革命!他人と差をつけたい人は必読!

女優のような美しい肌になりたい人のための情報発信局

Home - 女性ホルモンと肌の関係 - 女性ホルモンには2種類あります|女性ホルモンと肌の関係

女性ホルモンには2種類あります|女性ホルモンと肌の関係

Posted on 07/08/2015 in 女性ホルモンと肌の関係

女性にとって肌荒れは深刻な問題ですが、ただ単にストレスや食生活、睡眠不足が原因ではないことも多く生理周期に合わせて肌の状態が変化すると言われています。
ホルモンバランスが整っている人は、その周期に合わせて肌の状態が悪くてもすぐに改善するのですが、バランスが崩れがちな人は肌荒れが長く続くなどトラブルを抱える人も少なくないのです。

それでは、そんな肌の状態にまで影響を及ぼす女性ホルモンとはどのようなものなのでしょう?
エストロゲンとプレゲステロンの2種類があり、生理周期に合わせて増えたり減ったりするようにできています。
それぞれ違う役割があり女性らいい体つきや肌質、妊娠、出産になどに関係しているのですが、それぞれの役割を果たしつつ相乗効果が必要なため、どちらかの量が減ったり増えたりするだけでバランスを崩すことになり肌の状態も悪くなると言われています。
一般的には生理前から生理中の肌は敏感で荒れやすいと言われていており、オイリー肌やニキビに悩む人も多いのですが、生理が終わる肌の調子が急に良くなるなることが多いようです。
これは明らかにこの2種類の女性ホルモンの影響で、生理が始まる前には肌に良いと言われているバナナなどのカリウムやビタミンなどが豊富に含んれる食べ物を多く摂取し、睡眠を十分にとるなどの対処法をとると憂鬱な肌荒れなどの不調にも負けません。

多くの女性がこのような一定の周期で肌の状態が変化すると感じているようで、生理前には肌荒れだけではなくイライラや不眠、食欲増進などの症状が現れひどい人は月経前症候群と言われる重度の症状に苦しむこともあるようです。
このような場合は自分ではなかなか改善することは難しいので、医師に相談し薬による治療が必要だと言われています。

この女性ホルモンの働きと特徴を知ることで、自分が今どのような状態なのか知ることができ、それにあった対処方法を考えることができるのではないでしょうか?